概要

  東海道五十三次の「見附の宿」の名残をとどめる旧東海道沿いの商店街と、その東部及び北部の丘陵地帯に広がる振興住宅街が本校の主な学区である。保護者の職業は商店等を経営する自営業、学校東南部の会社・工場へ勤務する会社員が多い。古くからの宿場町として栄えた伝統や文化が現在も引き継がれ、地域全体がそのことに対する誇りをもち、落ち着いた雰囲気の中に気品の感じられる所である。学校に対する地域住民の期待も大きく、青少年健全育成活動等についても、学校と連携を図る中で地域組織を有効に生かしつつ地道な活動がなされている。

 保護者の学校教育に対する関心は高く、協力的、建設的である。保護者の願いは、「心身の健康」「交通安全」「あいさつ」「学力の定着」「学校週5日制の充実」「防災対策の充実」などである。

 生徒は、素直で活気があり、学習面・運動面等に目標をもち意欲的に取り組んでいる。学校生活は落ち着いた良好な状況にあるが、一部に家庭や社会の影響が現れている。生徒会を中心とする自主的・積極的な取り組みやチャレンジ活動は、高い評価を得ている。

 

校訓

強く 正しく 明るく 行う
 

学校教育目標

郷土を愛し、志をもち、自己実現をめざす生徒 
 -よりよい社会と幸福な人生を自ら切り拓く”未来の創り手”の育成に向けて-
 

重点目標

しなやかな心の強さを持ち、課題解決に粘り強く取り組む姿
温かな心を持ち、お互いを尊重する姿
目を合わせ、笑顔であいさつを交わす姿
○自ら目標を持ち、進んで心身を鍛える姿
 

学校経営目標

“整頓(整える)・発信(見える化)”による「社会に開かれた教育課程」の模索

(1) 「信頼を築き、学びを深める対話」を活用した新学習指導要領が求める授業づくりの推進

(2) 特別支援教育の充実といじめ・不登校等悩みを抱える生徒への組織的な教育支援の充実

(3) コミュニティ・スクール(よつばプロジェクト)を機能させたよつば学府教育(施設分離型の小中一貫教育)の推進と進化

(4) 地域ともに規律と規範、感動と気品あふれる学校文化の創造 

(5) 日本型学校教育の良さを意識した働き方改革の推進

 

学校経営構想図

校章

(1)四つ葉は、教師・生徒・家庭・社会があるいは生徒一人一人と生徒全体が、協同一体となり愛によって結ばれている姿である。
(2)一枚一枚の葉が独立して自主的に生活している姿であり、四枚の葉がしっかり結ばれあって一体となり、社会的に協同的に生活している姿である。
 

設備

北校舎(普通教室16、学習室、コンピュータ室、図書館、校長室、会議室、応接室、職員室、事務室 保健室、印刷室)
南校舎(普通教室8、学習室、理科室3、音楽室2、美術室2、サポート教室、被服室、調理室、木工室、金工室)
新館(特別支援学級教室4、美術・技術室、調理室、オープンスペース)
体育館(バスケットボールコート2面 大型スクリーン)
武道場(柔道場、剣道場、卓球場)
プール(50m×8コース) テニスコート(4面)
グラウンド(200mトラック、野球用グラウンド
 

校歌

城山中校歌 城山中応援歌
 
作詞 伊藤   恕
                  
作詞 久野征四作
 
作曲 田中 愛子
  
作曲 田中 愛子
     
 一、紫匂う   富士が嶺の  一、明けゆく空の 丘の上
 高き姿を   仰ぎ見て  富士を仰いで ひとすじに
 希望溢るる   ひろ庭に  練磨重ねし わが友が 
 若き命の   あいよるところ  意気高らかに 若人の
 その名城山   あゝ我が母校  力を示す 時来る
    奮え 奮え 我が選手
 二、緑色濃き   丘の上    
 伸びゆく力   培いて 二、大天竜の 岸近く
 学びの窓の   明け暮れに  磐田が原に 生い立ちて
 愛の心の   花咲くところ  炎ともえる 友情の
 その名城山   あゝ我が母校  血潮みなぎる 若人の
    力を示す 時来る
 三、理想の光   照り映ゆる  奮え 奮え 我が選手
四つ葉のしるし   胸にして   
強く正しく   ひとすじに 三、あかね輝く 丘の上
まことの道を   きわむるところ  理想の旗を なびかせて
その名城山   あゝ我が母校  強く正しく きたえたる
    我ら一千 ここにあり
    覇権をゆずる ことなかれ
    奮え 奮え 我が選手
     


 

沿革

   
 昭和26年撮影
 平成8年撮影
平成15年撮影
 
 

◆創立1~10年(昭和22~31年度)

創立1~10年(昭和22~31年度)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
1昭和734「磐田町立第二中学校」として設立 
  22初代寺田誠一校長着任 
 開校式・入学式 5月3日 
 第2代堀本春馬校長着任7月7日 
 第1回卒業式(卒業生114名) 
223851「磐田市立第二中学校」と改称 
第二中学校校歌制定磐田第二中学校校歌
   
    畳はる 緑の岡
    千町田の今の浦
    うららかに 桜花咲き
    さやけくも 若葉は茂る
    天地に 光遍し
    嗚呼 磐田第二中学
    共に 励みあいつつ
    弛無く 業を学ばむ
   
    わずか4年間でしたが、第二中学校の校歌として歌われたのが上の校歌です。
    1度歌ってみたいけれど、楽譜がないのが残念です。
こども銀行開設 
サマータイム実施 
324950第3代伊藤恕校長着任 
市制記念野球大会優勝 
425868城山球場開き野球大会見学 
城山の地で新校舎起工式26年2月2日 
  
磐田郡市駅伝優勝 
526841新校舎へ移転 授業開始9月3日 
新校舎落成祝賀会10月12日 
「磐田市立城山中学校」と改称 
玄関前蘇鉄植樹(赤松市長寄贈) 
627857新校歌制定
     作詞 伊藤恕 作曲 田中愛子
今、私たちが歌っている校歌を作詞された伊藤恕校長先生は高潔な人柄で、作詞には時間をかけて作られたそうです。
上野移動動物園見学(城山球場) 
728962特別教室増築着工29年1月11日 
野球県準優勝 決勝6対7伊藤中
  (西部優勝)
 
8291016第4代鈴木豊吉校長着任 
特別教室竣工5月20日 
グランドピアノ購入 
運動場土盛り・整地 
学校保健委員会結成 
9301053正門完成8月21日 
プール竣工9月24日待望のプール完成。当時は、北小や西貝の小学校の他、近くにプールがなかったので川や遊水池で泳ぎました。
10311058プール公認許可 
 

◆創立11~20年(昭和32~41年度)

創立11~20年(昭和32~41年度) ▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
11昭和1072第5代倉橋穂長校長着任 
32新校舎落成
 国体開会式全員参加
1233997特殊学級設置 
テレビ設置8月
校旗寄贈式(卒業生寄贈)
    34年3月
1334915運動場拡張工事 
野球県出場
ブルーバード賞受賞
   (厚生大臣賞)
14351008開校記念日「記念体育大会」
   5月4日
 
駒ケ岳登山8月1日
野球西部優勝
駅伝優勝
15361205屋内体育館起工(現格技場) 
16371332体育館落成式(現格技場)
   9月25日
今の格技場は、この年体育館として完成しました。
  今は、柔道部剣道部卓球部が部活動で使っています。
  
牛乳給食開始給食始まる
  給食が始まったといっても、始まったのは牛乳だけでした。
  海苔弁とかたまご弁が普通で、人のは見て見ぬふりでした。
  当時は、コンビーフの缶詰がとても珍しく、クラスの子がもってきたときには驚きました。
野球県出場 
南部駅伝優勝 
17381260通用門(西門)(卒業生寄贈) 
剣道県出場
18391106第6代吉倉正雄校長着任 
東京オリンピック聖火通過
   歓迎
19401024開校記念日体育大会5月4日 
「学校安全優良校」表彰
運動場拡張整備
特殊学級校舎落成
20411026第7代河合俊一校長着任 
バックネット竣工 
開校記念校内陸上大会 
台風16号校舎被害 
 

◆創立21~30年(昭和42~51年度)

創立21~30年(昭和42~51年度)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
21昭和1029見付歩道橋竣工 
42プール更衣室竣工
 「学研教育賞」受賞
22431030第8代大石武士校長着任 
能楽教室開催
プール修理
加茂川歩道橋完成
23441007第9代鈴木秀雄校長着任 
観劇「泥かぶら」
閣令休暇中の宿直廃止
父親参観日開始
陸上男磐周優勝
水泳女磐周優勝
体操男磐周優勝
24451017PTA奉仕作業研修会
   8月1日
 
体操男磐周優勝
柔道男磐周優勝
2546992不慮の災害で南校舎全焼
    47年1月14日
    発見5時5分
    鎮火6時2分
   (普通教室10調理室1
    理科室2音楽室1
    相談室1)
灰になった校舎決意を胸に
  火災が起こったのは、1月14日のことでした。
  この火災で南校舎1棟を焼失しました。
  この火災から1ケ月後、生徒たちの強い決意が述べられています。
  「火災から1ケ月以上たった今、
   私たちの中には落ち着きや理性を
   なくしたような人もいる。
   火災当時の『しっかりやろう』と
   誓ったことも忘れて。
   これではいけない。
   私たちは四ツ葉の精神に基づいて
   立ち直ってこそ、
   伝統ある城山の生徒といえるのだから」
プレハブ仮設校舎
   10教室完成
    47年2月21日
あたたかい手
  この火災で  多くの被害が出ました。
  しかし、市やPTAの方たちからの  あたたかい援助により、  その翌日からは、体育館や特別教室を利用して普通教室を作り、すべてに新しい机といすをそろえられました。
  今まで火災にあった学校でも、これほどすぐに設備が整ったのはまれで、とても珍しいそうです。
  多くの人の善意があったのですね。
26471014南校舎竣工48年2月 
水泳男磐周優勝
柔道男磐周優勝
2748946見付分校設置 
体操男磐周優勝
陸上男磐周優勝
2849992第10代伊藤一二校長着任 
焼却炉新設
台風8号(七夕豪雨)で
   学区内被災
   (太田川決壊)
2950945中庭コンクリート打ち 
バスケ男磐周優勝
陸上男磐周優勝
3051990第11代鈴木勲一校長着任 
SBS
   「学校新聞コンクール」
   受賞
 

◆創立31~40年(昭和52~61年度)

創立31~40年(昭和52~61年度)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
31昭和1026PTA会長市P連会長就任 
52バスケ男磐周優勝
3253996NHK全国学校音楽コンクール
   県優秀校
 
TBS子ども音楽コンクール
   東日本優秀演奏会参加
水泳部男子更衣室不審火より焼失
   54年1月13日
県優良PTA表彰
バスケ男磐周優勝
3354937西中庭造園(53年度卒業生記念) 
プール更衣室
NHK全国学校音楽コンクール
   県優秀校
東日本優秀演奏会参加
バスケ男女磐周優勝
剣道男磐周優勝
磐周女子総合杯獲得(初)
3455960第12代磯部保文校長着任 
見付裸まつり「腰蓑づくり」開始
陸上男磐周優勝
35561054北校舎改築起工 
開校記念式
生徒会
   「裸まつり早朝美化奉仕活動」開始
バスケ男磐周優勝
陸上男磐周優勝
磐周男女総合杯獲得(男初女2)
36571134北校舎改築落成式 
完全給食開始
PTA地区懇開始
太鼓入魂式
バスケ男磐周優勝
37581123南校舎改築工事竣工
クリーン作戦(学区清掃奉仕)
校内宿場まつり 
中庭造園完成 
野球県選抜出場 
PTA会長市P連会長就任 
バスケ男磐周優勝 
38591135第13代山崎義一校長着任
防犯標語全国最優秀賞
   「考えてぼくらが育つ環境を」
ベルマーク中学全国1位表彰 
中庭花壇完成 
運動場東南造成 
プール周辺植樹記念式 
剣道男磐周優勝 
39601148体育館落成
見付分校新築
陸上400mリレー全国出場 
野球県準優勝 
剣道男磐周優勝 
40611203創立40周年記念
   (名簿作成・松植樹・記念碑)
 
国旗掲揚台付近観覧席完成 
バスケ女磐周優勝 
磐周男子総合杯獲得(2) 
 

◆創立41~50年(昭和62~平成8年度)

 創立41~50年(昭和62~平成8年度)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
41昭和1196太陽電池時計設置 
62庭球男磐周優勝
 柔道男磐周優勝
 剣道男女磐周優勝
 磐周男総合杯獲得(3)
42631135第14代西澤卓雄校長着任 
中庭改修工事
剣道女磐周優勝
ソフト磐周優勝
43平成1100南校舎南側付近観覧席完成 
(廃品回収収益金百万円)
4421054文化庁主催
   「中学校芸術鑑賞教室」
 
藤原歌劇団公演6月14日
男子頭髪自由化7月
剣道女磐周優勝
4531046テニスコート観覧席完成
  (廃品回収収益金二百万)
 
城山人間だもん宣言
  (自他の尊い人生・人権・
   人命を無駄にしない)
生徒会主催「芸術鑑賞会」
   藤原歌劇団招聘10月
464985第15代神間貞吉校長着任 
コンピュータ室完成41台コンピュータ室誕生
  新しい教育に取り組むために コンピュータ室ができました。
  一人一台で使うことができるため、とても勉強しやすいです。
放送室移転(旧購買室)昔この場所は放送室でした。
  今の放送室は、昔の購買があったところへ移され、購買はなくなってしまいました。
南棟屋上防水 
南棟水道管更生 
非常階段塗装工事 
475955道路愛護知事表彰 
コンピュータ授業開始
市優良団体表彰
剣道男県出場(磐周優勝)
水泳男優勝
陸上男優勝
磐周男総合杯獲得(4)
486952グランドピアノ購入
   (PTA資源回収)
 
焼却炉設置
497954第16代春田良一校長着任 
城山中学校区
   健全育成モデル事業
 
合唱練習用CDラジカセ
   27台購入
   (資源回収資金)
 
全国学校新聞コンクール8位
   (毎日新聞)
新聞「しろやま」2年連続
  全国キングジム賞
  平成6年には、継続的なアンケート写真、グラフなどが高く評価されています。
  平成7年には、活版印刷のほかに、手作りの新聞は毎月、学級新聞は毎日発行されているクラスもあるいう活発な新聞活動が評価されました。
陸上男全国・東海出場 
水泳女全国・東海出場 
水泳女磐周優勝 
5081006創立50周年記念体育大会 
創立50周年記念よつば祭 
中日教育賞受賞第28回中日教育賞受賞
  中部9県から選考
  「祭りへの参加による社会性ある教育活動
卒業生累計16894名この年見付分校最後の年
  分校のあゆみ
   昭和48年 設置
   昭和55年 分校教頭配置
   昭和60年 校舎新築
   平成9年 分教室として再出発
水泳女磐周優勝 
 

◆創立51~60年(平成9年度~平成18年度)

創立51~60年(平成9年度~平成18年度)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
5191019第17代寺田幸宏校長着任第1回静岡新聞
   あすなろ賞受賞
非常災害用大型車進入路
  完成
休養室改修
52101034ケナフロード(ケナフ植樹)学校・学級新聞コンクール優秀賞受賞
  磐周大会女子総合杯獲得
  ソフトボール 磐周大会優勝
  サッカー 磐周大会優勝
  女子剣道 磐周大会優勝
         県大会3位
         東海大会出場
  女子ソフトテニス 県大会出場
体育館床改修工事完了
磐田市教育委員会指定「情報教育」研究発表会
5311  学校・学級新聞コンクール優秀賞受賞
  磐周大会男子総合杯獲得(5回目)
  県学校新聞コンクール最優秀賞受賞
5412 パソコン室のパソコンが最新に全日本学校関係緑化コンクール隼特線
  県学校新聞コンクール最優秀賞受賞
  きれいな学校コンクール優秀賞受賞
5513 県学校新聞コンクール最優秀賞受賞(5年連続)磐周大会男女総合杯獲得
  食品環境美化協会協会長賞受賞
5614 ソーラー外灯設置磐周大会女子総合杯獲得
5715 プール改築工事完了磐周大会男子総合杯獲得
防犯カメラ設置
5816 大型スクリーンを体育館に設置
  (PTA資源回収資金より)
 
5917863校歌銘板を体育館に設置(PTA資源回収資金より)あいさつ運動推進校指定
1年生が8→9クラスへ
6018847創立60周年磐周大会男女総合杯獲得!!
  平成18年度の卒業生の中に、創立以来20000人目の生徒あり。誰でしょう?
1,2年が8→9クラスへ
10組が3クラスになり新館へ
 

◆創立61~70年(平成19~平成28年度)

創立61~70年(平成19年度~)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
6119863第21代 飯田 正人校長着任磐周大会女子総合杯獲得!
全学年9クラスへ 
ホームページリニューアル城山中ホームページ閲覧者が5万人突破!
62208561年生が9→8クラス ホームページ一部リニューアル
格技場使用禁止磐周大会女子総合杯獲得!
学校評価研究指定校 
6321849第22代 髙林 弘校長着任 
6422792  国民文化祭感謝状受賞
6523832武道場落成磐周大会男女総合杯獲得!
6624845 静岡県中学総合体育大会 男子総合第2位
 67 25851第23代 村松啓至校長着任 
冷水器2台交換設置(PTA資源回収予算資金より)
 68 26828非常用電源設置 手芸部 文部科学大臣賞受賞
 69 27804第24代 田中 潤校長着任 静岡新聞社 ふるさと貢献賞受賞
  (城山中学校チャレンジ活動グループ)
災害用マンホールトイレ設置
体育館吊り看板用バトン設置(PTA資源回収資金より)
体育館にアルミニュウム製の国旗・県旗・市旗設置
    (PTA資源回収資金より)
 70 28826小中一貫教育(よつば学府)開始
創立70周年記念式典
(同窓会より体育館グランドピアノ寄贈)
磐周大会男子総合杯獲得!! 
 

◆創立71~80年(平成29年度~)

創立71~80年(平成29年度~)▼▲■
創立年度在籍沿革こぼれ話
7129  第25代 山本 裕祥 校長着任
 
 

カウンタ

COUNTER127760

2年生未来授業の様子